2007年11月30日 (金)

冬の中の秋

200711291 200711292 200711293

久しぶりに、小千谷方面へ出張にでると、越後三山は雪山に変貌していました。
やっぱり秋は終わりだな~なんて思っていたら、秋が残っていました。

場所は四尺玉の大花火で有名な片貝に近い「山谷」と言うところです。

なんとモミジが寒風の中で、しっかり色づいてました(^_^)v
なんか得をしたような気分になった1コマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALWAYS 続三丁目の夕日・ヘアスプレー・ミットナイトイーグル

200711281 200711282 200711283

みなさん、こんばんは。

この3連休は、相方が新潟やってきました。
久しぶりに、娘から離れ気分転換ができるとウキウキの相方に付き合い、お互い見たかった映画を二人で見ることにしました。

時間の関係で、一本目は私の見たかった「ALWAYS 続三丁目の夕日」です。
前回、昭和33年を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」で、建設途中の東京タワーが、今回の昭和34年の舞台では完成していました。
ストーリーも泣かせる展開となっていて、思わず目頭が熱くなってしまうのですが、CGを使った風景は、昭和を見事に再現していました。
お時間のある方、昔を思い出したい方は、是非観てほしい映画でした。

次に、ジョン・トラボルタがコミカルに変身したミュージカル「ヘアスプレー」を見ました。
こちらは、これでもかぁ~というほどのミュージック&ダンスの連続だけど、しっかりと人種差別のテーマを描いているのに、コミカルで時間を忘れさせてしまう映画でした。
ジョン・トラボルタやオーデションで選ばれたニッキー・ブロンスキーといったメタボのダンサーが所狭しと踊りまくります。
ミュージックは苦手という人でもバッチリ楽しめる映画です。

相方とは、この二本を続けざまに観ましたが、これでポイントが溜まり、有効期限が今月中のスタンプカードを利用して、昨日1人でレイトショーの「ミッドナイト・イーグル」を観てきました。

米軍のステレス型戦略爆撃機(ミットナイトイーグル)が搭載した特殊爆弾をめぐり、標高約2000から3000メートル級の冬山での北朝鮮工作員との銃撃戦など迫力満点の映画でした。
ハッピーエンドでは無いけれど、日本の映画も捨てたものではないと思える作品でした。
私的にはストライクな作品でしたよ。

次は、何を観にいこうかな~!!
「アイアムレジェンド」「マリと子犬の物語」(新潟県中越地震の映画なので…(^_^;))を今年中に見たい!!

ということで、相方は新潟の食事と映画を堪能して帰りました。
チャンチャン(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 5日 (月)

もみじ谷の紅葉

200711051_2 200711052 200711053

弥彦山の麓にある「もみじ谷」は、新潟県でも有数の紅葉の名所です。
裏手には弥彦神社や弥彦山が広がり、弥彦山の頂上に登ると日本海と越後平野を一望できる場所にあります。

テレビのニュースで色づき始めたと聞いたので、
今日は午前中の天気がお日様マークだったので、
休日にもかかわらず早起きをして一路「もみじ谷」まで行って来ました。

青空の下で、太陽の光に照らし出されたモミジはとっても綺麗でした。
観光バスも次から次に到着して、リタイヤされた老夫婦の集団にはちょっと\(◎o◎)/!しましたが、なんとか紅葉した風景を撮影してきましたので、今日は紅葉を堪能してください。

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

妙高の紅葉

200710241 200710242 200710243

今日は、久しぶりに遠出してきましたε=ε=ε=ヘ( ゚ 3゚)ノ
といっても、ちゃんとお仕事ですよ。

妙高高原まで行きましたが、
このあたりは、もうすっかり紅葉していました。
携帯のカメラなので、
あまり綺麗に紅葉の色が出ていませんが、
青空が広がり、とっても気持ちが良い一日でした。

来週は、谷川岳方面へ行く予定ですが、
それまで紅葉さんは待っていてくれるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

皮ごと食べられる「ぶどう」

200710221 200710222

2~3年前に親戚で、皮ごと食べられる「ぶどう」をいただきました。
その後、我が家では大ファンになってしまい、
毎年岡山の農園からお取り寄せしているのです。
メチャメチャ美味しいのですが、メチャメチャ高い(^_^;)

今年も東京の自宅では、
この「ぶどう」を食べたようです。
当然、新潟の私の口には入りませんが、写真だけ届きました。

何はともあれ、この岡山の「ぶどう」はお勧めです。
でも高いのですぅ(;_;)
機会があったら、ぜひ食べてください。

メール書いたりしている間に、
「僕の彼女を紹介します」が終わりました。
04年、韓国・香港合作で、チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク主演の女性警察官と高校教師の奇跡の愛を描いたラブストーリーです。
以前、観たいと思っていた映画なので、ガリレオをパスしてまで見てしまいました。
ガリレオは予約すれば良かったのですよね…(^_^;)
すっかり忘れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

秋祭り真っ盛り

200710161  200710162  200710163

9月の終わりから10月の初めにかけては、
神社の「秋の例大祭」が各地で行なわれています。
きっと、皆様の近くの神社でも行なわれていた事でしょう。

例祭とは
「例祭は年一回、多くは祭神や神社に特別の由緒のある日に行われる。例えば人物神を祀る神社ではその人物の誕生日や命日としていることが多い。特に由緒のある日のない場合は、春祭りや秋祭りをもって例祭としている。例祭が行われる日は毎年一定で、みだりに変えることはできないものとされる。」

こんな感じの物です。

難しいことは、置いといて┗(-_-;)┛よいしょっと!
お神輿、縁日があれば、私はOKなんです。

今年の祖師谷では、
神明神社と三峯神社のお神輿が、
祖師ヶ谷大蔵駅で偶然のランテブー!!
めったに無い珍事が発生していました。

お祭り\(^ ^)/ バンザーイ
単細胞の私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

みどり湯(新潟の銭湯)

200710141_2  200710142_2  200710143_2

みなさん、お久しぶりです。

いつの間にか、10月になってしまいました(^_^;)
会社の上司が変わったり、色々な事が重なり、ご無沙汰してしまいましたm(__)m

新潟では、すっかり秋となり山の方では紅葉も始まっている所があるようです(^_^)v
市内でも朝晩は寒くなり、そろそろ布団がもう一枚必要な時期になってしまいました。

私のマンションの目の前には「みどり湯」(通称グリーンスパ)と呼ばれる銭湯があり、私は家の風呂よりもこちらを愛用しているのです。
何しろ、旅館で大浴場へ行くよりも近い所に、大きな風呂があるので、もっぱら利用しています。
この銭湯は、新潟アルビレックスのチアリーダーの方も来る一部では有名な銭湯なのです。(一緒には入れませんが…(^_^;))

しか~し、超レトロな銭湯なんですよ。
今回は、番台のおばちゃんにお願いして、男女の浴槽を撮影させてもらいました。
一枚目は男性用、二枚目は女性用(女性用には富士山があります)そして、三枚目は脱衣室のカゴです。
昔は、脱衣所にはカゴがあったのですが、最近は中々見ることができない代物です。

これからは、大きなお風呂でゆっくり温まるのが、最高な季節になります。
毎日が温泉気分…ルンルン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

にいがた総おどり2007

200709161 200709162 200709163

新潟の熱いイベント「第6回新潟総おどり」が9月15日・16日・17日と三連休ぶっとうしで開催されています。

「新潟総おどり」には色々なジャンルの踊りの団体が参加していますが、この踊りへの参加ルールは「心をこめて踊ること」ただ一つです。

「人の温かさや、思いやり」を作り手から学び。
「信じる事や、支えあう事」を必死に踊る者の姿から感じ。「ありがとうや愛してる」を観客から与えられる。
といった本当に新潟の人の魂がこもった、熱くて感動的なイベントです。

新潟市内の7つの会場で、220団体が踊り狂う、このイベントは、今日16日がクライマックスで、最大の団体が参加しています。
各踊りには、「創人」(つくりびと)・「想人」(おもいびと)・「奏人」(かなでびと)という賞が用意されていて、受賞団体は、万代シティーのメイン会場で大勢の観客を前に踊る栄誉が与えられます。

カメラを向けている私にも、360秒にすべてを賭けて、必死に踊る踊り子の瞳が突き刺さってきました。

この熱き思いとエネルギーがある限り、新潟はどんな苦難にも負けないだろうと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

陸・海・空軍が集結

200709151 200709152 200709153

「ここは何処?」という日記を書き綴っている友人がいますが、この写真を見る限り「ここは何処?」と言いたくなりませんか。
サモア…これはリゾートですね(^_^;)
サモワでの自衛隊の活動風景と言っても通りそうです。

中越沖地震で、柏崎方面に行っている時に撮影した写真を整理していたら、陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊が全て終結している事に気がつきました。
今で、陸上自衛隊は支援活動を行なっているようですが、海上自衛隊・航空自衛隊の姿は見なくなりました。

そろそろ、秋の風が吹き出した新潟ですが、家を失った方々は仮設住宅で冬を迎えようとしています。
高齢な方々が多いので、中々新築もできず大変な状況のようですが、頑張ってもらいたい物です。

最近は、報道ニュースも少なくなり、災害自体が忘れられそうなのは、寂しいです。
首都圏での災害に備えて、災害で得た教訓をもっと伝えていってもらいたいと思うのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納花火

200709131 200709132 200709133

9/9(日)と9/10(月)の二日間、片貝まつり浅原神社の花火大会が行なわれ、9/9に夜間巡回を兼ねて、この花火大会を見てきました。
片貝まつりの花火大会は、世界最大(ギネスブックにも紹介されています。)の四尺玉を打ち上げる花火として有名です。

その歴史は1891年に日本で始めての三尺玉を打ち上げて以来、三尺玉の発祥地となり、1985年には直径800mの大輪を咲かせる世界最大の四尺玉を打ち上げ、ギネスブックにも登録されました。

一枚目の写真は、そのギネスにも載る四尺玉の大輪です。
山の陰から花火の大きさを想像してみてください。
二枚目は三尺玉で、通常考えれば大きな花火なのですが、四尺玉と比べると若干小さく感じることからも四尺玉のすごさが伝わります。
三枚目は、変わり花火で面白い顔が浮かび上がりました。

天気がイマイチで、途中雨が降るという悪コンディションでしたが、以下の様な写真も撮影しましたので、紹介します。
秋の花火大会をお楽しみ下さい。

001

002

003

004

005

006

007

008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 越後もちぶたカツサンド