« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月17日 (月)

にいがた総おどり2007

200709161 200709162 200709163

新潟の熱いイベント「第6回新潟総おどり」が9月15日・16日・17日と三連休ぶっとうしで開催されています。

「新潟総おどり」には色々なジャンルの踊りの団体が参加していますが、この踊りへの参加ルールは「心をこめて踊ること」ただ一つです。

「人の温かさや、思いやり」を作り手から学び。
「信じる事や、支えあう事」を必死に踊る者の姿から感じ。「ありがとうや愛してる」を観客から与えられる。
といった本当に新潟の人の魂がこもった、熱くて感動的なイベントです。

新潟市内の7つの会場で、220団体が踊り狂う、このイベントは、今日16日がクライマックスで、最大の団体が参加しています。
各踊りには、「創人」(つくりびと)・「想人」(おもいびと)・「奏人」(かなでびと)という賞が用意されていて、受賞団体は、万代シティーのメイン会場で大勢の観客を前に踊る栄誉が与えられます。

カメラを向けている私にも、360秒にすべてを賭けて、必死に踊る踊り子の瞳が突き刺さってきました。

この熱き思いとエネルギーがある限り、新潟はどんな苦難にも負けないだろうと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

陸・海・空軍が集結

200709151 200709152 200709153

「ここは何処?」という日記を書き綴っている友人がいますが、この写真を見る限り「ここは何処?」と言いたくなりませんか。
サモア…これはリゾートですね(^_^;)
サモワでの自衛隊の活動風景と言っても通りそうです。

中越沖地震で、柏崎方面に行っている時に撮影した写真を整理していたら、陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊が全て終結している事に気がつきました。
今で、陸上自衛隊は支援活動を行なっているようですが、海上自衛隊・航空自衛隊の姿は見なくなりました。

そろそろ、秋の風が吹き出した新潟ですが、家を失った方々は仮設住宅で冬を迎えようとしています。
高齢な方々が多いので、中々新築もできず大変な状況のようですが、頑張ってもらいたい物です。

最近は、報道ニュースも少なくなり、災害自体が忘れられそうなのは、寂しいです。
首都圏での災害に備えて、災害で得た教訓をもっと伝えていってもらいたいと思うのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納花火

200709131 200709132 200709133

9/9(日)と9/10(月)の二日間、片貝まつり浅原神社の花火大会が行なわれ、9/9に夜間巡回を兼ねて、この花火大会を見てきました。
片貝まつりの花火大会は、世界最大(ギネスブックにも紹介されています。)の四尺玉を打ち上げる花火として有名です。

その歴史は1891年に日本で始めての三尺玉を打ち上げて以来、三尺玉の発祥地となり、1985年には直径800mの大輪を咲かせる世界最大の四尺玉を打ち上げ、ギネスブックにも登録されました。

一枚目の写真は、そのギネスにも載る四尺玉の大輪です。
山の陰から花火の大きさを想像してみてください。
二枚目は三尺玉で、通常考えれば大きな花火なのですが、四尺玉と比べると若干小さく感じることからも四尺玉のすごさが伝わります。
三枚目は、変わり花火で面白い顔が浮かび上がりました。

天気がイマイチで、途中雨が降るという悪コンディションでしたが、以下の様な写真も撮影しましたので、紹介します。
秋の花火大会をお楽しみ下さい。

001

002

003

004

005

006

007

008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

越後もちぶたカツサンド

200709041 200709042

和豚もちぶたは、おいしさと安全性から日本テレビの「どっちの料理ショー」でも紹介されましたが、その中でも「越後もちぶた」と称されるものは、15農場が新潟ファーム(株)のメンバーとして生産しているものだけという、希少価値のある「もちぶた」です。

その豚肉を使用しているのが、このカツサンドです。
シンプルというか、包装にはまったく凝っていませんが、冷めても柔らかく美味しいカツサンドでした。
有名店のカツサンドは色々ありますが、素材にこだわった素朴なカツサンドもいいものです。

新たな新潟の名物にならないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »